I.O.R.活動内容

コース及び研修会説明

I.O.R.イントロダクション

I.O.R.のイントロダクションコースです。コース受講生から講師となった榊原が現在に至るまでのステップアップの実際やデジタル化されている歯科治療の実際をお話しします。また、主宰竹下はデンツプライインプラントの長期症例を交えてそのコンセプトをレクチャーさせて頂きます。
 *年2回 日曜 10時~16時


I.O.R. Get Started Course

I.O.R.の入門コースで過去7年間にわたり250名を超える先生方と膝をつきあわせてまいりました。本コースは竹下と児玉が担当し、2日間お腹いっぱいになるコースで2013年までに19回開催した我々の原点のコースとなります。 内容は、インプラント治療の失敗症例から何を学ぶか・アストラテックインプラントシステムコンセプト説明・局所解剖と全身疾患・偶発症・診査&診断・患者ムンテラ・治療計画立案の実際・アストラテックインプラントシステム外科&補綴手技説明および実習・切開縫合テクニック説明および実習などをびっちり学んで頂きます。原則的に本コースを受講下さった先生に入会資格が発生します。
 *年2回 土日開催 (土・・10時~18時30分、日・・9時30分~16時30分)


I.O.R.おさらいコース

Get Started Courseのおさらいという位置付けで2013年までに5回開催しております。Get Started Courseでは各セッションを集中して学んで頂きますが、それぞれをさらに細かくゆっくり行い、落とし込んでいただくことが狙いです。また、コース内ではライブオペをプログラムしており、手術場で学ぶことも行っております。恒例の埋入時の術者・アシスタント・患者頭位のポジショニング実習は好評化を頂いており、受講後は埋入テクニック向上間違いなしです。
 *月1回、土曜日の18時~21時


I.O.R. 外科アドバンスコース(Bone Augmentation Course)

I.O.R.が誇る口腔外科エキスパートである船木・又吉・児玉が外科処置の基本(組織治癒・局所解剖・切開縫合テクニックなど)からしっかりレクチャーします。また、アドバンステクニック(サイナスリフト・ソケットリフト・チタンメッシュ&ブロック骨による骨造成など)を実習を交えて行っております。
 *年1回もしくは2回 日曜 10時~17時


I.O.R. 補綴コース

インプラント治療を学ぶ上で、外科手技を中心に考える傾向にあると考えます。本コースは竹下と墨が担当し、外界と交通するアバットメントの材質や形態について考え、確実なインプラント補綴をレクチャーします。また、さぁ!みんなで考えよう!と題して、インプラント補綴計画をみんなで考え、ディスカッションすることや、アバットメントセレクションと題してコニカルシーリングについて原理原則を学び、アストラテックインプラントシステムの優位性のひとつである審美領域への取り組み方など毎回アップデートしながらレクチャーしております。
 *年1回もしくは2回 日曜日 10時~17時


I.O.R.ライブオペコース

たけした歯科サクセスインプラントセンターオペ室でオペ見学をして頂きます。
執刀医は高橋教授・竹下・児玉の何れかとなり、下顎臼歯埋入・上顎前歯部抜歯即時埋入・サイナスリフト・チタンメッシュやブロック骨による骨造成手術をオペ室で見学頂き、症例ごとに術前解説・術後解説していきます。
 *年1回もしくは2回 日曜日 10時~17時


I.O.R.特別講演会

外部講師を招いて年に2回開催しております。これまでは児玉利朗先生(ぺリオ)、行田克則先生(審美領域へのインプラント治療)・宮本郁也先生(インプラント周囲骨の挙動)を招聘して、インプラント学の基礎から応用まで幅広く学んでおります。


I.O.R.例会

年に2回開催予定です。会員の先生方がケースプレゼンテーションやリサーチ報告などを行い、自身の臨床を示す場として、多くの先生とディスカッションすることを目的としています。学会発表予演会を行い、発表指導も行っております。
 *年2回 日曜日 10時~16時


I.O.R.九州

過去4年間、九州の地(福岡・熊本・鹿児島)で竹下・墨・児玉がコース及び講演会を開催しました。九州の先生方にもI.O.R.を身近に感じていただくことが大切と考え、年に1回講演会を開催し、2014年からは竹下のライブオペ、I.O.R.九州メンバーの症例検討会を開催していきたいと考えております。


I.O.R.アシスタントコース

インプラント治療における歯科衛生士の役割、インプラント学の基礎、インプラント治療の流れ、インプラント治療におけるメンテナンスの実際など実習を交えながら行っており、歯科治療において重要な「チーム医療」についてもレクチャーしており、医院単位でのご参加が多いコースです


I.O.R.海外研修

年に1~2回、海外の学会参加や大学での研修を行っております。
イエテボリ大学・ペンシルベニア大学・ゲント大学・ノースカロライナ大学研修・マイケルノートンプライベートセミナー研修・アストラテックインプラントワールドコングレス、AOやEAOの学会参加を行い、海外の潮流を感じ、エビデンスを学び、また、自身の挑戦の場としております。海外研修は参加される先生方と寝起きを共にし、多くを語り合い、有意義な研修となると思います。


歯科臨床の夢を求めて

I.O.R主催の講演会です。2012年には寺西邦彦先生・行田克則先生にご講演頂き、両先生がコメンテーターのもと、I,O.R.メンバーの発表も行い、有意義なディスカッションンの場となりました。

I.O.R.メンバーの先生にも発表頂き、活発なディスカッションとなりました。2013年にはゲント大学ヒューゴ教授をお招きしてご講演頂き、前日はヒューゴ教授がコメンテーターのもと、他のスタディグループの先生方とケースディスカッションを行い、交流を深めました。

I.O.R. AOツアー(3泊5日)
今回のAOのテーマは"Real Problems, Real Solutions"です。
我々 I.O.R.からも多くの仲間が演題を提出し、発表いたします。また、メインセッションとしてInternational Symposium と題して、日本人セッションが開催されることとなり、I.O.R.から墨が招待演者に選出されました。また口頭発表では竹下・児玉・神保・榊原が発表予定、ポスター発表は寺田が発表予定で、アブストラクトを提出しております。
そこで今回はI.O.R.でツアーを組み、みんなで応援に行くべくツアーを企画いたしました。
みんなでいきましょう!そして世界の潮流を感じましょう!


竹下によるオペサポート

I.O.R.コースを受講していただいた先生方へ竹下がオペサポートへ伺うことも可能です。
現在、東京12件、埼玉5件、神奈川3件、新潟1件、北海道2件、名古屋2件、福島1件、茨城1件、千葉2件、福岡1件、熊本2件、沖縄2件のクリニックにお邪魔してサポートさせて頂きました。サポートはサクセスインプラントセンター歯科衛生士も同行し、先生方のスタッフにも指導しております。


関連活動(国内学会発表・講演会発表)

I.O.R.メンバーは多くの場面で活躍しております。国内の学会での発表では予演会を行い、大学に属していたメンバーの指導を受け、発表準備しております。また、講師陣は各講演会に招聘され自身の臨床を発表しております。