WORLD SUMMIT TOUR 2017 TOKYO を終えて

2月18日、19日の両日、ヒルトン東京お台場にて、デンツプライシロナ ワールドサミットツアー 2017が開催されました。

このワールドサミットツアーは、インターナショナルサイエンティフィックコミッティーとして高橋 哲教授、EVアンバサダー、ファカルティーとして竹下賢仁先生、墨 尚先生がご活躍されました。各セッションでは高橋教授、竹下先生、墨先生、神保 良先生が登壇され、他の演者とは一味違う講演をされました。さらに、I.O.R.にゆかりの深い、Hugo Bruyn先生、Michael Norton先生、澤瀬隆教授、児玉利朗先生、野阪泰弘先生の諸先生方も聴衆を引き付けるお話を展開されました。本当に、I.O.R.の勢いを体感させられた2日間でした。また、国内ではなかなかこれほどの海外演者が揃う学会はなく、I.O.R.講師がいつも講義しているなかで仰る「世界を見よう!」という意図が理解できました。

ポスター発表に於きましても、I.O.R.メンバーから又吉先生・平島先生・竹内先生・藤田先生・榊原先生が発表され、I.O.R.メンバーの総合力が本当に高いレベルになってきている事も実感させられました。

会場では応援に駆け付けた多くのI.O.R.メンバーとお会いすることが出来、暖かな気持ちになりました。
演者紹介の動画がスピーカーの紹介時に流れるのですが、I.O.R.の様々な思い出シーンも大きなスクリーンに流していただき、鳥肌が立ちました!講師の先生方の粋な計らい、本当にうれしいものですね!

新しいインプラントシステムであるEVに関しましては、インプラント体の機械的強度の向上、アバットメントスクリューの進化、様々な骨質に対応し、術者の意図したインプラント窩を形成できるドリルシステムなど、進化を遂げた内容をしっかりと学ぶことが出来ました。
国内での販売は、夏前という事でしたが、臨床でしっかりと活かすためにも、まだまだ勉強しないといけないと感じております。 EV関連のセミナー、ハンズオンコースなどが、今後、I.O.R.関連でも多く開催されることになっておりますので、是非、会員の先生方は、この機会に参加して頂き、臨床でEVを活用する準備をしっかりと進めて頂きたいと思っております。